よくある質問

Q

JPGデータは、どのように利用すればいいですか?

A
パーソナルカラー診断後に、お客様へのサービスとしてお渡しするアドバイスツールとしてご利用しください。診断結果を口頭で伝えるだけでなく、アドバイスツールをサービスで提供することで、お客様の満足度が高まります。 お客様のスマートフォンに、ラインやメールでデータを送信していただくと、お客様は化粧品や洋服を購入する際、スマートフォンでアドバイスツールを確認することができます。もちろん、JPGデータをプリントして直接お渡しすることもできますので、お客様へのサービス向上に役立ちます。
Q

なぜ、紙のアドバイスツールでなく、JPGデータなのですか?

A
コロナウィルス感染症が拡大して以来、対面で長時間のパーソナルカラー診断が難しくなりました。 JPGデータでそのままデータを送信して、似合う色やヘアメイク、ファッションのアドバイスを対面、もしくはZoomなどのオンラインを利用して行うことで、感染のリスクを減らし、安心してパーソナルカラー診断を受けて頂けます。 紙のアドバイスツールや布スウォッチは持ち歩いているうちに徐々に劣化してしまいますが、JPGデータであればその心配もなく、いつでもスマートフォンで確認ができますので、お客様にとってもメリットがあります。
Q

一度購入したデータは繰り返し、また永久に使えますか?

A
はい。お客様へのアドバイスツールとしての利用方法に限りますが、繰り返し永久に使えます。人数制限や期限などもございませんので、カラーアナリストの方にとっては経費削減にも役立ちます。 ただ、データを扱う際パソコンのOSやアプリケーションソフトの不具合などが原因で、データが破損する可能性もございます。その場合、再送付はできませんので、パソコン、タブレット、スマートフォンなど数台にコピーして入れておく、またはバックアップをとり保管されるなどの対応をお勧めします。
Q

購入したJPGデータをインクジェットプリンターで印刷したら、パソコンやスマートフォンのモニターで見る色と違っていますが、何故ですか?

A
すでにご存じの方もいらっしゃると思いますが、パソコンのディスプレイは「光の三原色」RGB、印刷は「色材の三原色」CMYKで色を再現します。販売しているJPGデータはRGBですが、インクジェットプリンターは最適なCMYKのインクの出し方を計算して印刷してくれます。 しかし、RGBよりもCMYKは表現できる範囲が狭いため、画面と印刷物で色味が変わります。さらにプリンターの機能の違い、用紙の質・種類の違いも色の見え方に関わりますので、厳密に合わせることは不可能です。 また、古いプリンターは色調整の機能が低いため大きく色が異なりますし、用紙についても、薄くてインクがしみこみやすいタイプのものはくすんだ色になりますので、新しく品質の良いものをご利用いただくことをお勧めします。
Q

Androidのスマートフォンで確認したところ、イエベのデータなのに全体的に青っぽく見えます。

A
アンドロイドのスマートフォンの場合、数多くのメーカー・機種があるため、なぜそうなるのか特定できません。全体に青っぽい場合、ホワイトバランスの設定が合っていない可能性がありますので、機能を持った機種であれば調整することができると思います。詳しくはメーカーのウェブサイトなどをご覧ください。 お客様がiPhoneの場合、ご自身のAndroidスマートフォンで青っぽく見えたとしても、iPhoneには画像に埋め込まれたカラープロファイルを読み込み正しく表示する機能があり、カラープロファイルのない画像も、自動的に汎用性の高い色域で表示されますので問題ありません。(ただし、古い機種は除外になります) お客様がAndroidの場合は、お客様にはお手持ちの紙のアドバイス資料か、JPGデータをプリントしてお送りいただくことをお勧めします。(プリントに関しては上記質問の答えも参照ください。)
Q

JPGデータ4タイプセットを購入したいのですが、パソコンを持っていません。スマートフォンで購入できませんか?

A
JPGデータ4タイプセットは、1つのフォルダにまとめてZIPという形式で圧縮しています。JPGデータを利用するには、解凍しなければなりませんが、スマートフォンの場合はそのまま解凍できる機種が限られます。 【iPhoneの場合】 iOS13以降であれば専用ソフトがなくてもzipの圧縮・解凍ができます。「iphone zipファイル」というキーワードで検索していただくと、解凍方法を説明したサイトがたくさんありますので、手順に従ってご利用ください。 iOS13以前の場合は、App Storeで「ZIP 解凍」で検索し、ダウンロード数の多いアプリを選びインストールしてください。iPhoneでは、審査をクリアしたアプリしかダウンロードできないため安心です。 【Androidの場合】 ほとんどの機種で、解凍アプリをインストールする必要があります。ただ、Androidはiphoneと違い、どんなアプリでも簡単にインストールできてしまうので、中には危険なアプリが潜んでいるケースがあります。アプリに詳しい方に相談するか、パソコンをお持ちの方にお願いして、解凍してもらう事をお勧めします。
Q

コーディネートのイラストが秋冬のファッションですが、春夏バージョンもありますか?

A
9月以降に購入された場合は秋冬のファッションですが、3月以降に購入されると春夏のファッションに変わります。 JPGデータ4タイプセットは購入時の季節のコーディネートが入っていますので、秋冬にご購入後、春夏が必要という場合は、3月頃に販売開始しますので、単品でALLとコーディネートのみをご購入いただけます。 また、お客様が参考にしやすいように古いファッションを使わないようにしています。そのため年によってイラストを変更する場合がございます。
Q

JPGデータ4タイプセットに付属しているWEBサイトを、どのように使えばいいかわかりません。

A
PDFを開くと、タイプ毎に URL・ID・パスワード が記載されています。 お客様のタイプの、URL・ID・パスワード この3つをラインやメールなどでお客様へお送りください。 ※URL・ID・パスワードは、選択してコピーすることができます。 お客様のほうは、受信したURLをクリックすると、WEBサイトのログイン画面が開きID・パスワードを入れるボックスが表示されます。IDとパスワードを入れるとアドバイスツールWEBサイトにアクセスできます。 当サイトのJPGデータ4タイプセットの販売ページ、サムネイルをクリックしていただくと、ログインの流れを確認できますので、参考にしてください。
Q

自分の資料に購入したデータを貼り付けて利用できますか?また、他の商品とセットで販売したいのですが可能ですか?

A
どちらも、できません。 そのままの状態でお客様へお送りする、またはプリントしてお渡しするなど、加工せずにご利用ください。 特にイラストについては、素材データサイトの商品を利用しており、「データ販売をする」という特性上、利用制限がございます。ご質問の利用方法は、転用・転売と見なされ、発見された場合は著作権侵害となり損害賠償対象となり、カラーアナリストの方自身の不利益になりますので、お避けください。 その他も、商品ページの【ご購入前にお読みください】5.に記載された項目については、厳守いただくようお願いいたします。内容は以下です。 5. ご購入いただいたデータの転用・転売・譲渡は、著作権侵害となり損害賠償対象となりますのでお避けください。 【著作権侵害になる行為】 ● データを加工(一部を切り取る、色を変えるなど)して利用する、また加工して別の資料に貼る。 ● データをそのまま、または加工して、WEBサイトやSNSにアップする。 ● データ・WEBサイトログイン情報を、SNSなどで他者に拡散する、または転売する。
Q

パーソナルカラー診断に申し込んでもらうため、SNSで告知してサービスをアピールしたいのですが、可能ですか?

A
ご購入いただいたデータは、全ての人がダウンロードできてしまいますので、厳禁とさせていただいております。理由については上記の質問の答えを参照ください。 代わりに、当サイトに購入前のサンプルとして表示されている、透かし文字の入った画像はご利用いただけます。SNSやご自身のWEBサイトにアップして、パーソナルカラー診断をお申し込みいただくための訴求にお役立てください。